設立経緯

Ragazza(ラガッツァ) = イタリア語で「女の子」の意味

このクラブチームは、2004 年度(平成16年度)JFAキャプテンズ・ミッション(CHQ)[現プレジデンツ・ミッション(PHQ)] ミッション 6.(M6.)「女子サッカーの活性化」トライアル FA 事業の取組み

 ・松江支部レディースサッカークラブ創設活動
 ・県協会主催「全世代対象サッカースクール」

により創設され、日本サッカー協会により協会が運営する事業として認められた日本で唯一のクラブチームである。


月日 内容
平成 16 年
(2004 年)
6月12日 CHQ [現・PHQ] M6 事業として第 1 回目の「レディース教室」開催
その後、定期的なレディース教室を開催
7月25日 「島根県レディースサッカーフェスティバル in 出雲」
大会初参加
8月28日 第 1 回目の「食フェスタ」を開催
平成 17 年
(2005 年)
1月9日 初の室内練習
フットサルを練習に導入
6月3〜4日 「香川オリーブカップ」参加
初の県外遠征
7月2〜3日 「第 1 回レディースドリーム in 中国」開催
10月1〜2日 「第 17 回レディースサッカー大会 中国地区予選」初参加
平成 19 年
(2007 年)
2月24日 一般社団法人 島根県サッカー協会 松江支部において松江支部長をはじめ、県女子委員長、県事務局長、各チーム代表者が出席し、「松江レディースフットボールクラブ(仮称)」設立について会議を開催。
M6 事業により開催されてきたレディース教室と、松江市内で活動する女子チームをひとつのクラブチームにすることを話し合い、全会一致で承認される。

城南レディース・天娘SC・ベルーガの 3 チームがこの趣旨に賛同し、新チームにて選手登録を行うことに合意。
松江商業高校については、クラブチーム登録を行う。
また、3 種及び 4 種に選手登録した女子選手が所属するチームについてもクラブ登録を行う。
4月8日 「松江レディースフットボールクラブ Ragazza」として第 1 回目の合同練習を開催
4月18日 「松江レディースフットボールクラブ Ragazza」として日本協会 女子種別への登録申請
平成 20 年度
(2008 年度)
- キャプテンズ・ミッション[現プレジデンツ・ミッション] ミッション 6.「女子サッカーの活動推進」
・松江レディースフットボールクラブ Ragazza の活性化
・S-Kids、4 種委員会と Ragazza 松江の連携
この2つの活動が 2008 年度支援制度の対象として決定し、具体的取組のひとつとして、3 種及び 4 種に選手登録した女子選手が所属するチームを Ragazza 松江のクラブチームとして登録し、より幅広い大会への出場を可能にする。
2月5日 多くの一般市民の方に、簡単に参加出来、現在のクラブメンバーも楽しめ、興味を持ってもらえるプロダクトとして、ジョギング部門である「ラガッツァ・美 jogger(ビジョガー)・クラブ」を始動。
アドバイザーに世界陸上 3000M 障害に出場された「辰巳悦加」さんを迎え、一般参加者に先駆けて第 1 回目のクラブメンバー向けの教室を開催。
2月8日 ジョギング部門「ラガッツァ・美 jogger(ビジョガー)・クラブ」の一般参加者向け教室開催。
平成 21 年度
(2009 年度)
- 前年度に引き続き、プレジデンツ・ミッション[旧キャプテンズ・ミッション] ミッション 6.「女子サッカーの活動推進」の 2009 年度支援制度の対象として、
・松江レディースフットボールクラブRagazzaの活性化
・S-Kids、4 種委員会と Ragazza 松江の連携
この 2 つの活動が決定。
9月7日 ジョギング部門「ラガッツァ・美 jogger(ビジョガー)・クラブ」が、山陰中央新報社との業務提携により山陰中央新報 文化教室 「びじょがーくらぶ」ジョギング教室として始動。
設立経緯 (PDF 形式: 139KB)


規約

第1章 総則
名称 第1条 この団体は、正式名称を
『一般社団法人 島根県サッカー協会 松江支部
松江レディースフットボールクラブ Ragazza』とし、
略称を『Ragazza松江』とする。
所属 第2条 この団体は
一般社団法人 島根県サッカー協会 松江支部直轄の団体である。
事務局 第3条 この団体の事務局は
島根県松江市黒田町454-9
一般社団法人 島根県サッカー協会 松江支部内に置く。
第2章 目的及び事業
目的 この団体は、年齢を問わず、誰もが、いつでも、どこでも、
いつまでも気軽にスポーツ活動に参加できる環境を目指し、
健康で活力ある地域づくりに寄与することを目的とする。
事業 第5条 この団体は、第3条の目的を達成するため、幅広い年代層による
サッカーの合同練習会を開催する。
第3章 会員
種別 第6条 この団体の会員は、この団体の目的に賛同して入会した次の2種とし、
この2種を当団体の構成員とし、総会の議決権を有する。
正会員 日本協会に選手登録をするもの
練習会員 日本協会に選手登録をしないもの
入会 第7条 会員の入会については、特に条件をさだめない。
第2項 会員として入会しようとするものは、代表が別途定める
入会申込書により、代表に申し込むものとし、代表は
正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
第3項 代表は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに
理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。
会費 第8条 会員は、総会において別に定める会費を納入しなければならない。
第4章 総会
種別 第9条 この団体の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。
構成 第10条 総会は、正会員及び練習会員をもって構成する。
開催 第11条 通常総会は、毎年1回開催する。
第2項 臨時総会は、会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を
記載した書面をもって召集の請求があったとき。
召集 第12条 総会は、代表が召集する。
第2項 代表は、第11条第2項の規定による請求があったときは、
その日から30日以内に臨時総会を招集しなければならない。
議決 第13条 総会における議決事項は、あらかじめ通知した事項とする。
ただし、議事が緊急を要するもので、出席した会員の2分の1以上の
同意があった場合は、このかぎりではない。
第2項 総会の議事は、この規約に規定するもののほか、出席した会員の
過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
第5章 雑則
細則 第14条 この規則の施行について必要な細則は、運営会議を経て、
代表がこれを定める。
第6章 附則
第1項 この規約は、この団体の設立の日から施行する。
規約 (PDF 形式: 152KB)


関係図


関係図 (PDF 形式: 180KB)


お問い合わせ先

一般社団法人島根県サッカー協会 クラブハウス
TEL 0852-61-2112 / FAX 0852-61-2116
メールでのお問い合わせはこちら